健康エッセイ集2001年版
健康エッセイ 1月号(掲載日2001年12月11日)    小児科へ戻る
インフルエンザ

 毎年1-2月は、インフルエンザがはやるシーズンです。
今回は、それに合わせてお話します。

 インフルエンザはカゼのひとつなのですが、
これだけは知っておきたいポイントがあります。
そのポイントさえ押さえておけば、
上手にカゼ(インフルエンザなど)に対応できると思います。

【ポイント】
カゼには大きく分けて、普通のカゼインフルエンザの二つがある。
つまり、インフルエンザは、カゼの仲間であるが、普通のカゼとは区別される。
・なぜ区別されるかというと、インフルエンザはたちが悪く、
治療法や予防法がほかの普通のカゼとは違ってくるから。

[普通のカゼとインフルエンザとの違い]

┌普通のカゼ:普通のカゼウイルスが原因。
│       セキ,鼻水,くしゃみなどをさわったために、
│        その中にあるウイルスからうつる。(=接触感染(せっしょくかんせん))
│       だから、マスクやうがい,手洗いが有効。
│       そんなにたちは悪くない。
│       たいてい自然になおる。

└インフルエンザ:・インフルエンザウイルスが原因。
         ・空気中にセキなどで吐き出されたインフルエンザウイルスにより、うつる。
          (=空気感染(くうきかんせん))
         ・ウイルスはマスクの目を通ってしまうので、今一つマスクの効果は薄い。
         ・たちが悪い。
         ・合併症(肺炎,脳炎など)がなければ、たいてい自然になおるが、
          からだの受けるダメージは大きい。(←経験された方はおわかりと思います。)
         ・流行性感冒(流感)と同じ意味。

[インフルエンザを疑うきっかけ‥‥]

     強い寒けと体のふるえ
     急に高い熱(38℃以上)が出る‥‥3日くらい続く
     強い頭痛
     全身の筋肉やふしぶし(関節)が痛む
     周囲(家庭,学校,職場など)にインフルエンザが流行っている
     普通のカゼと比べると、体の弱り方がひどい
     この2-3日、人ごみの中やインフルエンザとは別の病気で病院に行かなかったか?
      (病院でインフルエンザをもらう例は、けっこうある)

[これは普通のカゼかな?と思うとき‥‥]

    風邪の症状(セキ,鼻水,くしゃみなど)はあるが、熱はないし食欲があり、
     確かに体はしんどいのだがものすごく弱った感じでもない
    この2-3日、人ごみの中へ出かけてないし、別の病気で病院にも行ってない
    周囲にインフルエンザの*流行がみられない

[インフルエンザを疑ったら‥‥]

    なるべく早く病院へ。今は以前と違って、インフルエンザの特効薬がある。
     しかも、その薬は症状(熱など)が出てから、2日以内に飲み始めないと効果がない。

[普通のカゼだなと思ったら‥‥]

    三原則を守って早めに養生する。
      ↓
      安静(睡眠)
      栄養(水分)補給
      保温
    マスク,うがいは有効。
     カゼのウイルスが手からうつらないよう、手洗いを特に念入りに。

どちらかはっきりしないときは、早めに病院へ。
  今は以前と違って、インフルエンザかどうか10-20分でわかる検査キットが置かれているはず。
  鼻やのどの分泌物を綿棒で取るだけの、簡単な検査。

[予防接種(ワクチン)]

    その年の流行を予想してワクチンをつくる。(だから、毎年成分は変わる)
    注射(接種)してから、2週間くらいでインフルエンザウイルスに対する抵抗力(免疫)ができ、
     約6カ月間持続する。
    注射(接種)回数:小学校6年生以下 2回
         中学生以上大人 1回(以前は、2回必要だった)
    ワクチンとウイルスの型が合っても、100%有効というわけではない
     (特に、乳幼児と老人はやや有効率は下がる)が、もしかかっても軽く済む
    卵アレルギーのある方は、かかりつけのお医者さんとよく相談して下さい。
     (ワクチンに卵の成分がふくまれている)
2001年度  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号  9月号
2001年度 10月号 11月号 12月号  1月号  2月号  3月号
インターネット小児科へ戻る
ちゃんと戻るよ!     ホームへ戻ります
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー