健康エッセイ集2002年版
健康エッセイ4月号(掲載日2002年3月16日掲載・25日修正)    小児科へ戻る

春ー出会いの季節です。



●おめでとう

 春、特に4月は入園,入学などで、新しい友だち,先生,お母さん方たちと知り合うことが多くなります。

子どもたちにとっても、新しい出会いは楽しみです。
でも、同時に緊張することでもあります。はじめての人たちと交わることは、
子どもなりにも気の張ることだからです。

コミュニケーション能力とは?

 近ごろ、人とのつきあい方(※コミュニケーション能力と言います。)が、
子どもから大人にいたるまで下手になっていると言われています。

※水島広子のHomePage opinion No.4(http://www.mizu.nu/)を是非ご覧下さい。


コミュニケーション能力とは、単に`あいさつができる'ことではありません。
人とかかわるとき、相手を思いやりつつ、自分のことを正しく理解し、
相手の知識や経験を吸収しながら、今あるいろいろな問題を自分で解決できることです。

この能力は、幼い頃から訓練して、自然に発揮できるようにしておきたいものです。

              

コミュニケーション能力のもつ別のパワー

 コミュニケーション能力には、もうひとつの力があります。

人とうまくコミュニケーションがとれたときは、
体の底から湧きあがる不思議なものを感じることがあります。
(相手がはじめて会う人だと、その力はより強いようです。)

それは、元気なときはもちろん、病気のとき必ず体にプラスに働いてくれます。
つまり、病気を自然に治す力を強めてくれるのです。

              

●コミュニケーションに大切なこと

 このコミュニケーション能力を身につける練習には、出会いの季節の今は絶好といえます。

人とのコミュニケーションをとろうとするときに大切なことは‥‥

1.相手と同じ気持ちになる。
2.相手を信頼する。
3.自分にとって不都合なことがあっても、それを許せる。
4.笑顔

これらのことは、小さい子どもさんには難しいので、まず大人がお手本になりましょう。
2002年度  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号  9月号
2002年度 10月号 11月号 12月号  1月号  2月号  3月号
インターネット小児科へ戻る
ちゃんと戻るよ!    ホームへ戻ります
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー