健康エッセイ集2002年版
健康エッセイ8月号(掲載日2002年7月27日)    小児科へ戻る
[からだから失われる水分量]

●夏ですネ!


 本格的な夏がやってきました。この暑さでは、冷たい飲み物がほしくなりますネ。

健康エッセイ先月は、
からだに占める水分の割合(年齢が低くなるほど、割合が高くなる。)
についてお話しました。

今月は、
子どもにとっての水分の大切さ,体からどのくらい水分が失われたら、
どんな症状が現れるか、この暑い時期、普段気をつけたいこと
についてお話します。

●子どもにとって、水分とは‥‥

 大人は、1日体重1kg当たり約
40mlの水の出入りがあります。

それに比べ、赤ちゃんは
150ml/kgの出入り。赤ちゃんは、体の水分量が多いだけでなく、
必要な水分も多いんですネ。

ただし、赤ちゃんは大人よりずっと水分を調節する機能が未熟です。
しかも、水が出ていくのを抑制する機能がより未熟ということもあり、
ちょっとしたこと(下痢,おう吐,発熱,長時間の暑さなど)で水分が
不足気味(=脱水気味)になってしまいます。

以上は、赤ちゃんだけでなく子ども全般にもあてはまります。

●脱水の程度と症状
脱水の
程度
症状
2% のどのかわき
5% 不機嫌,唇の乾燥
10% うとうとしている
15% つねっても反応しない
脱水の程度は、体重の変化から、脱水の程度を推定します。
←普段から子どもの体重を測り慣れておくといいですネ。

5%以上の脱水があるときは、点滴が必要のことが多いので、早めに小児科へ。

●暑さと水分補給

 子どもは、大人よりのどのかわきに敏感で、しかもたくさんの水分を必要とします。

特に、この暑い時期になると、しきりに水物をほしがります。
これは、自然にほしがっているのです。

ですから、冷蔵庫にはいつも、たくさん飲んでも安心なように、
新鮮で一度
火に通した麦茶を入れておくことをオススメします。

ペットボトルに入ったスポーツドリンク,ウーロン茶,ジュースなどは、
たまに飲むならいいですが、いつもとなると子どもには、きつすぎます。

 赤ちゃんの場合、いつも見ている大人(お母さんなど)が
気をつけてあげなければいけません。

普段より
おしっこの回数が少ないなと思ったら、こまめに少しずつ(50mlくらい)
サユや麦茶などを与えます。

おっぱいを飲ませたり、おむつをかえたり、涼しくしたりしても赤ちゃんが泣きやまないときは、
案外のどがかわいているかもしれませんョ。
2002年度  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号  9月号
2002年度 10月号 11月号 12月号  1月号  2月号  3月号
インターネット小児科へ戻る
ちゃんと戻るよ!    ホームへ戻ります
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー