健康エッセイ集2002年版
健康エッセイ10月号(掲載日2002年9月25日)    小児科へ戻る
[ぜんそく ーいろいろなタイプー]

ぜんそくのイメージ

 何らかのアレルギー体質のある、子どもがゼーゼーいう病気、と
とらえている方が多いのではないでしょうか。

実は、アレルギーといっても、その原因となる物質(=アレルゲンといいます)は、
何種類もあるんです。

また、子どもだけでなく大人にも起こります。

なぜ、タイプに分けるのか?

 ぜんそくの症状や治療は、タイプによって、ほとんど変わりありません。
でも、予防対策の方法は、各タイプで注意するところが違うのです。

今月は、その点についてお話していきたいと思います。

タイプは、大きく二つに分けられます。

1.[アレルギーが関係しているタイプ]:子どものぜんそくの90%が、このタイプです。

(アレルギーを起こす原因)
ダニ:ぜんそくを起こすアレルゲンでは、最も重要です。

1万種ほどいると言われていますが、ぜんそくを起こすものは、主に2種類だけです。
でも、そのうちどちらかが、布団,枕,カーテン,じゅうたん,ぬいぐるみ,ペットなどに
棲み付く恐れがあります。

生きているダニは虫自体が比較的大きく、吸い込んでしまうことはありません。
その抜け殻,死骸,糞がアレルギーの原因になります。

たとえば、布団を日に干したり乾燥機にかけると、ダニはある程度死にます。
ですが、そのままにしておくとアレルギーの元になるわけです。

やはり、掃除機をかけたり、ダニの糞などを通さない密度の高いカバーで被う、
などのことが必要になってきます。

・ほこり:ハウスダストとも言います。ダニとともに、ぜんそくのアレルゲンとして重要。

ヒトのフケ,アカ,ダニの死骸や糞,動物の毛,花粉,カビの胞子などが混じり合ったもの。

・カビ
・花粉
・動物の毛
など

<参考>
ダニ:200-800ミクロン
花粉:30ミクロン
カビ:数ミクロン〜数十ミクロン
細菌:1-2ミクロン程度
風邪ウイルス:0.05ミクロン

2.[アレルギーは関係しないタイプ]:大人になって起こる、ぜんそくの半分以上
このタイプです。

(アレルギー以外の原因)
・風邪:アレルギー以外の原因では、いちばん多い。
・過労,ストレス,睡眠不足など
・気温,湿度の上がり下がり
・大気汚染
・香水などの強い匂い
・タバコ,線香などの煙
など
2002年度  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号  9月号
2002年度 10月号 11月号 12月号  1月号  2月号  3月号
インターネット小児科へ戻る
ちゃんと戻るよ!    ホームへ戻ります
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー