健康エッセイ集2002年版
健康エッセイ11月号(掲載日2002年10月24日)    小児科へ戻る
[インフルエンザワクチン(予防接種)]

やや肌寒くなってきました!

 春〜夏〜秋と元気だった子どもも、気温が下がってきて、
ちょっと油断するとカゼをひかせてしまうことがあります。

これは、気温が低いほど、カゼのウイルスの動きが活発になるからです。

カゼの王様、インフルエンザ

 カゼの中でも、インフルエンザは、(たいてい自然には治りますが)熱も高いし、
こじらせるといろいろな病気を引き起こします。

ここ1-2年、インフルエンザウイルス自体に効くいい薬が開発されたとはいえ、
やはり予防したほうがいいでしょう。

              □
インフルエンザウイルスの構造

 大きさは、約1万分の1mm。普通の顕微鏡では見えず、それよりもっと拡大できる、
電子顕微鏡でようやく見ることができます。

ウイルスの表面には、ヒトの細胞に潜り込む(感染する)ための突起があります。

ウイルスの中心部には、そのウイルスの性質を決める遺伝子が入っています。

インフルエンザウイルスの種類

1.まず、ウイルスの中心部にあるタンパク質によって、A型,B型,C型に分けられます。
そのうち、ヒトに影響するのはA型とB型だけです。

2-1.A型ウイルスは、その表面にある突起のタイプによって、何種類かに分かれます。

世界で大流行したものには、そのウイルスが見つかったところの、
その当時の土地の呼び方を付け加えます。
例)
A/香港型
1968年から現在も、流行が続いています。

A/ソ連型
1977年から現在も、流行が続いています。
発見当時のままの地名をつけることになっているので、A/ロシア型とは呼び換えません。

2-2.B型ウイルスは、その表面にある突起は一つだけで、しかも1種類しかありません。
つまり、ウイルスは1種類です。ですから、B型はB型としか呼びません。

3.A型もB型も、表面にある突起は同じでも、その突起の性質が毎年微妙に変わります。


→このことが、ワクチンの効き目を不安定にしています。
でも、ワクチンさえ打っておけば、ある程度まではウイルスを抑えられることができます。

今シーズン(2002-03年)のワクチン

 2002年2月、世界各地の流行状況を考えて、今年のワクチン内容を決定。
 ↓
・A/香港型の特徴を持ったウイルスの、表面の突起を主成分とするもの
・A/ソ連型の特徴を持ったウイルスの、表面の突起を主成分とするもの
・B型の特徴を持ったウイルスの、表面の突起を主成分とするもの

(これら3タイプを混合したもの)

→注射したら、体が、3つのタイプそれぞれに抵抗力を作るような、ワクチン。

副反応

 重い副反応は、ごくごくまれ。インフルエンザ以外の予防接種と比べても、
その発生率は高くありません。むしろ、低いくらいです。
2002年度  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号  9月号
2002年度 10月号 11月号 12月号  1月号  2月号  3月号
インターネット小児科へ戻る
ちゃんと戻るよ!    ホームへ戻ります
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー