健康エッセイ集2002年版
健康エッセイ2月号(掲載日2003年1月27日)    小児科へ戻る
[アトピー性皮膚炎]  −どんなブツブツがアトピーといえるか?−

3人寄れば‥‥

 お母さんが3人集まれば、アトピーの話が出ると言われています。
医学の専門的な言葉が、これほど日常に入りこんでいる例は珍しいでしょう。

ところが、アトピーについて情報が正しく伝わっていないことも多いようです。
特に、何かブツブツが出ていると、すぐ「アトピーでは?」と不安がるお母さんが多いのです。

そこで、今月は、どんなブツブツがアトピーといえるか、に的を絞ってお話したいと思います。

まず、かゆがるか?

 「かゆみのないアトピーはない!」とまで言われます。

言葉が喋れず、かゆみが訴えられない小さな子どもでも、かゆいときは我慢できず、
ブツブツをかきむしったり、布団や洋服にしきりとこすりつけたりします。
そういう、機嫌のよくない仕草が見られるでしょう。

ブツブツの場所が移動する。

 はじめは、顔のことが多いですが、そのうち首,手足,体,関節の内側などに移ります。

ブツブツがいつまでも、消えない。

 つまり、慢性的であるということです。

家族にアレルギー体質の人がいる。

 これは、必ずということではなく、あくまで参考程度です。

それでは、[アトピーが疑わしい、4つの条件]を以下にお示しします。

1.かゆみ
2.慢性
3.場所の移動
4.家族のアレルギー歴

ブツブツの特徴

 はじめは、ジクジクしていて、だんだんカサカサになっていくことが多いです。
でも、かゆいために、かきむしることで、湿疹はいろいろに変化するのです。

文字通り、atopic(奇妙な)な湿疹になってしまいます。
2002年度  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号  9月号
2002年度 10月号 11月号 12月号  1月号  2月号  3月号
インターネット小児科へ戻る
ちゃんと戻るよ!    ホームへ戻ります
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー