健康エッセイ集2002年版
健康エッセイ7月号(掲載日2002年6月30日)    小児科へ戻る
 これから、梅雨が終わって、本格的に暑い夏がやってきます。

今月と来月は、その暑さとたいへん関連のある
からだの水分量についてお話します。

今月は、からだの中での"水"が足りなくなったらどうなるか、
年齢によりからだに占める水分の割合が違ってくること、についてです。

が足りないと‥‥

 たとえば、風邪で熱が出たとき、からだの中で水が足りないとどうなるでしょう?

もちろん、
脱水症=水が足らない状態(来月の健康エッセイで詳しくお話します。)の
ことは考えなければいけません。

体の抵抗力(=
免疫)の面では‥‥

熱は、からだが風邪のウイルスと闘っていることの証拠ですが、
ウイルスと直接闘うのは
人間のからだに自然に備わっている、抵抗力です。

その抵抗力を担当している細胞は、血液中にあって血液の流れで全身をまわっていて、
ウイルスの攻撃を受けたところに集まってきます。

もし、水が足りないと、血液がドロドロになって、
それら抵抗力をになう細胞が運ばれにくくなってしまいます。

●年齢によるからだに占める水分の割合の変化

  赤ちゃん  80%
  こども   70%
  おとな   60%
  老人    55%

#人間の体は、これらの割合を各年齢ごとに一定に保つ仕組みがあります。

赤ちゃんや子どもの肌がみずみずしいのは、皮膚が薄いこともありますが、
おとなより水分の割合が多いからです。
2002年度  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号  9月号
2002年度 10月号 11月号 12月号  1月号  2月号  3月号
インターネット小児科へ戻る
ちゃんと戻るよ!    ホームへ戻ります
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー