健康エッセイ集2001年版
健康エッセイ7月号(掲載日2001年6月9日)    小児科へ戻る
【水分補給】

 子どもは、大人より体の中の水分の割合が多く、体に、より水分を必要とします

 子どもは、よく「のどがかわいた。
 お水(お茶、牛乳、ジュースなど)‥‥!」と言いますが、
あながち、甘えからだけでもなさそうです。

 しかも、子どもは具合が悪くなると
 (セキ,鼻水,くしゃみなど、熱が出たり、吐いたり下痢したり)、
水分が失われ、脱水状態になりやすいのです。

 病院では、どんな原因で入院してきても、原因に対する治療といっしょに、
まず点滴して脱水状態を改善するだけで、状態が少し良くなるほどです。

【水分補給として】

○‥‥ポカリスエットなどのイオン飲料
   
(糖分が入っているので、飲みすぎに注意して下さい。),
    お茶や湯ざまし,りんごのすりおろしたもの,野菜スープ,
    うどん
(水分を多く含んでいるので、下痢のときいいです。)など

×‥‥みかんなどのかんきつ系のジュース
    (便をゆるくしてしまうし、少し、もどしやすいからです。)

 量は、はじめは50ccぐらいからとして、具合をみながら、
だんだん増やしていけばよいと思います。

 少しでも、いつもと比べて調子が悪いなと思ったら、その原因を考えるのといっしょに、
水分補給のことも気にかけて下さい。
2001年度  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号  9月号
2001年度 10月号 11月号 12月号  1月号  2月号  3月号
インターネット小児科へ戻る
ちゃんと戻るよ!    ホームへ戻ります
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー