健康エッセイ集2001年版
健康エッセイ12月号(掲載日2001年11月7日)    小児科へ戻る
【カゼの手当て】

 寒い季節がやってきました。残念ながら、カゼもひきやすくなります。

カゼのときは、病院でもらうお薬以上に、お家での手当てが大切になってきます。

今回は、【熱が出たら】ということに絞ってお話ししたいと思います。

【熱が出たら】

[本人が気持ちのいいように‥‥]

 からだの温度や食べ物など、本人が気持ちのいいようにしてあげるのが大切です。

たとえば、熱の出始めはものすごい寒気を感じます。
そのときは、「熱が出たときは暖める」と普通に信じられていることをすればいいのです。
ところが、しばらくたつと熱が上がりきって、顔がほてってきて、今度は暑くてしょうがなくなります。

こんなときは、汗をかいているなら少し薄手の服に着替えさせたり、臨機応変にしてあげましょう。

小さな子どもさんでは、
お母さん方が子どもの様子(顔色,汗のかき具合など)をチェックしてあげることが大切です。

[水分を十分に‥‥]

 もし、食欲がなくても水分は少しずつでもとりましょう。
熱はもちろん、セキ,鼻水,くしゃみなどのカゼの症状でも水分は使われるでしょうから、
おぎなってあげる必要があります。

子どもは、大人と同じだけ水分を失っても、受けるダメージが大きいので、なおさら大事です。

[熱さまし(坐薬,飲み薬)は?‥‥]

 熱が出ているということは、体の中でカゼのバイ菌と闘っているわけです。

熱があるからといって、むやみに熱さましを使わないほうがいいでしょう。
熱のせいで、脳細胞がいたむことはありません。

熱が上がりきって、からだがほてり、フーフーとしんどそうなときだけ使うようにします。

[お風呂は?‥‥]

 熱が高いときはやめといたほうがいいですが、37℃台で調子もそんなに悪くなければ
入れてあげたら本人はとても気持ちがよく、湯冷めにさえ気をつければOKです。
2001年度  4月号  5月号  6月号  7月号  8月号  9月号
2001年度 10月号 11月号 12月号  1月号  2月号  3月号
インターネット小児科へ戻る
ちゃんと戻るよ!     ホームへ戻ります
広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー